過敏性腸症候群の症例

写真ACからのTicTacさんの作品

過敏性腸症候群・下痢と胸焼け

60代男性・止まらない下痢と胸焼け

胃腸の調子が悪く、腹痛、下痢、胸焼けとふらふら感が出て車の運転もできず、医師を何件か受診。ストレスが原因の自律神経の疾患と診断され、胃薬や整腸剤、抗不安薬を服用するも一向に症状が軽減しないため、ご相談にいらっしゃいました。仕事はもう退職され、ストレスが原因と言われたが心当たりはなく、油ものを食べると特にひどくなるとのことでした。

胃腸は自律神経の乱れに影響を受けやすい臓器です。この方には自律神経を整えるお薬と、余分な水を除き胃腸の炎症を和らげるお薬、あと油ものの消化を助けるお薬を提案しました。

服用1ヶ月でなんとなく胸焼けが良くなってきた感じがするが、下痢は変わりがないと言われました。

服用2ヶ月で胸焼けさらに改善、ふらふら感も減って長距離の車の運転が出来るようになったと喜んでいただきました。下痢も少し減ってきたそうです。

服用3ヶ月後には下痢は完全に止まり、胸焼けはまだ調子が悪いと気になるが、以前よりずっと調子がいいそうです。

現在も少しずつお薬を調整しながら服用を続けていただいています。症状が落ち着いたので飲み忘れることも増えたようです。状態がもう少し安定したらお薬をさらに減らしていけそうです。

Follow me!

前の記事

子宮腺筋症の症例

次の記事

ニキビの症例