不眠の症例

写真ACからのFineGraphicsさんの作品

小児の不眠

4歳半の男の子・夜覚醒して朝まで起きている

就学前の男の子です。ここ1年ほど一度寝付くが、夜の1~3時頃起きて、そのまま再び寝付くこともあれば朝まで起きているということが度々あるそうです。睡眠時間が足りないので日中ぼーっとしている事が多く、言葉の発達も同年代の子供達より遅いので心配だとご両親からご相談がありました。言葉は少ないものの、年相応に周囲に好奇心を示す元気な子という印象でした。

夜間興奮気味の自律神経を整えることが必要ですが、小児に使用できる薬には限りがあります。赤ちゃんの夜泣きに使うお薬ならこの年齢のお子さんでも安心して服用できると考えご紹介しました。また、自律神経を調整する機能の発育を促すためミネラルをしっかりとる食事の養生をご両親にお話しさせていただきました。

服用後2週間で夜途中で起きることはほとんどなくなったととても喜んでいただきました。本人も苦い・・・と言いながらも頑張って飲んでくれているそうです。

服用後3ヶ月、夜間起きることはもう全くなくなって朝までぐっすり寝てくれるそうです。機嫌もよく元気に過ごしていますが、言葉の発達は一進一退で良いときと悪いときがあるそうです。最近は苦いお薬も、本人がすすんで飲んでくれるようになっているとのことでした。

眠りの質の改善

50代女性・寝付けない・早朝覚醒・中途覚醒

1年前より不眠で疲れがとれないとご相談にいらっしゃいました。夜間いろんなことをグルグルと考えてしまい、寝付きが悪い、さらに中途覚醒もあるそうです。疲れがとれないためか、頭痛や耳鳴り、めまいも気になっており、歯医者など特定の逃げられない場所にいくとひどく冷や汗がでて動悸がする、というパニック障害のような症状もみられました。ここ1年ほど特に仕事が忙しく、家庭内でもやらなくてはいけないことが増え、強くストレスを感じていらっしゃるようでした。

不眠だけではなく様々な自律神経の不調による症状がみられていることから、自律神経の過緊張を和らげるお薬と睡眠を改善するお薬を組み合わせて服用していただくことにしました。

服用開始後1ヶ月で完全ではないけれど少し眠れているような感じがするとのことでした。

服用開始後2ヶ月、帯状疱疹などが出て少し調子が悪かったこともありますが、耳鳴りめまいは減ってきたそうです。

服用開始後3ヶ月で、眠りも依然と比べるとかなり改善し、耳鳴り、頭痛、眩暈も軽減。気持ち的にも落ち着いているので、調子が良いときは少し減量して飲むようにしました。歯医者でのパニック症状は調子が良いと大丈夫なこともある、とのことでした。

現在も服用をやめて数日経つと眠れないことが出てきてしまうので、少ない容量で続けていただいていますが、調子もいいそうです。

早朝覚醒

50代女性・頭重と早朝覚醒

1年くらい前に精神的に辛いことがあり、それをきっかけに体調不良が困っているという方です。頭重と気力の低下が続き、朝4:00くらいに目が覚めてしまいぐっすりと眠ることができないと相談に来られました。

精神的なストレスを緩和する漢方薬の中から試行錯誤をくり返し、体の緊張を和らげるお薬を選択して治療を行いました。

1ヶ月経過した頃から頭重が少し和らいで、気持ちも落ち着いてきたとの事でした。

2ヶ月服用し、以前より眠れる時間が長くなり、体のだるさも感じにくくなったようでした。

最初お薬を絞り込むためにお時間をいただきましたが、治療法が定まってからは順調に改善し、こちらも安心しました。もう少し気力がでるように、今もお薬を続けていただいております。

Follow me!